曽我物語読むなら!おすすめ本5選!

曽我物語って、今ではあんまり知られてない……。そのため、出回っている本も限られますよね。

そこで!このページでは曾我物語を知るために、確実に役に立つ本を選んで紹介しました!難しいのも混じってるのですが、そこは古典なのでご容赦を……。

小学館の古典全集

やっぱり、一番頼りになるのは古典全集です!中でもこれはお勧め。ちゃんと現代語訳が分かりやす~く載っているのが花丸!

今じゃチンプンカンプンな当時の道具類とか武具とかも、全イラスト付きで紹介。大変親切です。

曽我物語はいくつかバージョンがあるのですが、これは「真名本」ですよ。一番史実に近いやつです。ただ、内容はちょ~っと堅苦しいですかね。お芝居の曽我物語がお好きな方にはお勧めしないかも。

岩波の古典文学全集

何かとお世話になる岩波です。これはいささか古い本なんですが……。現代語訳が載ってないところが残念!でも、曽我物語は古典の中でもわりと分かりやすいです。何とな~く読めちゃいます。(特にセリフのところは)結構短いしね。

この作品は曽我物語の中の「仮名本」です。一番、お芝居に近い奴ですね。かなり派手に盛り上がるので、読んでると結構ワクワクします。兄弟が死んじゃうところは必見!

王堂本 曾我物語

これは「岩波の古典文学全集」のと、中身は全くおんなじです。ただ、こっちは文庫なので持ち運び便利です。真っ青な見た目もシブくて良し。上下巻に分かれています。

ちなみに、わたしはこれが一番のお気に入りです。

曽我兄弟物語

これは珍本ですよ!

曽我兄弟の菩提寺、城前寺が出した一冊です。曽我兄弟のことが物語帳に書かれているだけでなく、曽我に残る兄弟の逸話なんかもいろいろと載ってます。今に残る史跡の写真なんかもあって、ファンにはグッとくる一冊。

ぜひ一度は読んでおきたい史料ですね。

講談社の絵本

昭和の初めあたりに出版されていた、「講談社の絵本」。これは復刻版なので、昔のより薄いのですが……。

この絵のためだけに買う価値あり!わたしが知る限り、これほどカッコいい曽我兄弟の絵は存在しません!ファンなら買いましょう!

著者プロフィール

坂口 螢火
坂口 螢火
歴史専門のライターを目指しています。

古典と神話が好きすぎて、ついに家が図書館のように……。

1月30日に、拙作「曽我兄弟より熱を込めて」が販売されます!立ち読みも大歓迎。ぜひ読んでね!

出版した本(キンドル版)

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。

Posted by 坂口 螢火